気血めぐりヨガ(中医学+ヨガ) |心菜先生

 

心菜先生の「気血めぐりヨガ」では、レッスン内容を事前案内しています。

月のテーマと毎週のクラスの中で取り組むことを事前にお知らせさせていただいております。

それにより、ただ単に受け身で受講するのではなく、今週は何をするクラスなのかを事前に心づもりをし、意識を持って参加いただけます。また翌週やその次にも学ぶ内容が判りますので、整理された状態で参加いただけます。

 

経絡ヨガを基にした「気血めぐりヨガ」では、ヨガでできる季節に合わせた養生をお伝えしています。

気血めぐりよがは、中医学+ヨガのレッスン
体のエネルギーである“気血“の流れを調えるレッスンです。

[私のレッスンでは]
・ムキムキマッチョになりません
・開脚ベターは目指しません
・ボッ・キュッ・ボーンも無理です

ですが!
体をほぐして緩めて、1cm背が高くなる、そんな気持ちよさを味わっていただけます。

中医学は「中庸に戻る(過不足なく丁度よい状態)」を大切にしています。

体を動かしたら、同じ分だけ休ませて
息をたっぷり吐いたら、同じ分だけ吸っていけるよう
陰陽のバランスを調えていきます。

プラスでもマイナスでもない“ゼロ“の状態に体を戻し、生まれたての「元の気(元気)」を取り戻していきましょう。

 

 

担当は、大人気の心菜先生です。


長く舞台俳優として活動、日本舞踊や殺陣に携わり怪我や腰痛の耐えない毎日を送る。そうして迎えた出産と育児で心のバランスを崩す。40才を過ぎた頃からは体力的にも自信がなくなり、現在のレッスンの元となる「経絡ストレッチヨガ」と出会う。心身を中庸(ゼロ)に戻すレッスンは、今まで味わったことのない安堵感でいっぱいだった。

更年期に入り、体調が優れない時も、心が揺れ動く事もあるからこそ「養生法」の大切さを伝えていけるよう、まだまだ学び続けたいと思う。

心菜先生のレッスンは、津田沼スタジオ+千葉スタジオ+オンラインで受講できます。

  • 八千代台スタジオ:毎週火曜日10:00〜 ※オンライン併用
  • 津田沼スタジオ:毎週金曜10:00〜
  • 能見台スタジオ:毎週金曜11:30〜
  • 千 葉スタジオ:毎週日曜13:15〜 ※オンライン併用

是非ご参加&お問い合わせください。

 

スタジオのレッスンスケジュールを確認する

 

レッスンテーマのアーカイブ

2024年6月「仲夏の養生法」

6/21は“夏至“一年で一番昼の日照時間が長い日。ですが日本は梅雨の時期ですので、あまり実感が持てないですね。適度に運動をして気血をめぐらし、湿邪のたまりにくい体作りをしていきましょう。

1週目「睡眠(解暑)」百会 うさぎのポーズ
体内に熱がこもると寝つきが悪くなったり、夜中に何度も目が覚めるなど、睡眠に影響が出てきます。夏は陽気のせいで、余計に熱がこもりやすい季節です。

2週目「股関節調整(湿邪)」足三里 三日月のポーズ
お天気が悪くなる日は胃経の流れが悪くなり、膝や股関節が傷むことがあります。同時に食欲が落ちたり下痢便が続いていないか気にしてみましょう。

3週目「足の浮腫(利湿)」三陰交 V字バランス
足の内側を流れる脾経が弱まると“足の浮腫“を感じやすくなります。冷房や薄着による足の冷えから体内に湿気がたまるのも原因の一つです。

3週目「気トレ(益気)」関元 太陽礼拝
夏至は一年間で一番昼の陽気が満ち溢れる日です。
全身を使う太陽礼拝に「気」をブラスして、夏の暑さに負けない体作りをしていきましょう。

3週目「ダイエット(健脾)」血海 ブリッジポーズ
夏は湿気を体内にためない為にも汗をかくのおすすめで、ダイエットに最も適している季節です。脾と胃のツボを使って、ブリッジポーズにチャレンジしましょう!

 


2024年5月「初夏の養生法」

夏は陽気が最盛となり、草花が咲き乱れ実を結ぶ生長の季節です。気血の運行や新陳代謝も旺盛になるこの季節に、体を強く丈夫にしていきましょう。補心を心がけます。

4/28-5/5祝日プログラム

2週目「五月病(養肝)」期門 牛面のポーズ
緊張が続いた年度始めのお疲れがでやすいのは、気温の差が大きい季節の変わり目だから、という原因もあります。今一度、春の養生法を!

3週目「関節炎(保暖)」陰陵泉 真珠貝のポーズ
夏だぁ!と言っても風や雨などの気候の変動が気になる頃です。特に腿から下を冷やさないようにしましょう。

4週目「心臓のツボ(養心)」大陵 猫が伸びをするポーズ
心筋梗塞などの心血管性の疾患は冬だけではなく、4・5月も発病率が高くなりがちです。気血の流れを良くして、血脈の滞りを改善しましょう。

4週目「睡眠(解暑)」百会 うさぎのポーズ
体内に熱がこもると寝つきが悪くなったり、夜中に何度も目が覚めるなど、睡眠に影響が出てきます。夏は陽気のせいで、余計に熱がこもりやすい季節です。

 


2024年4月「晩春の養生法」

暦は清明、穀雨に入ります。空は晴れ渡り生気が盛んになり、雨量も増え草花が咲き始め、花粉の最盛期となります。花粉症の人は対策が必要です。また紫外線が強くなり皮膚炎なども起こりやすくなります。

1週目「高血圧(肝陽上亢)」天柱 V字バランス
肝のエネルギーが1箇所に停滞し、火(熱、興奮状態)に変化し、血圧の上昇を引き起こします。肝(上)と腎(下)のバランスを調えていきましょう。

2週目「伸びやかに(情志調節)」関元 木のポーズ
春の肝は、太陽のエネルギーを吸収し、空に向かって枝葉を伸ばし広げる「木」の性質を持っています。足裏で大地を感じて“伸びやかにバランスポーズ“にチャレンジです。

3週目「花粉症(養肝)」天枢 橋のポーズ
瞼が腫れ、くしゃみや鼻水が止まらない花粉症は、この時期に最盛期を迎えます。消化器系を強くしていくのが養生です。

3週目「坐骨神経痛(疏肝行気)」委中 ワニのポーズ
春土用に入り雨の日が多くなります。体内に“寒と湿“が入り、リウマチ、肋間神経痛、坐骨神経痛などを引き起こしやすくなります。

※ 4/20休講,21は代行レッスン、4/28はGW特別プログラムになります

 


2024年3月「仲春の養生法」

啓蟄、春分の日を迎え、冬眠していた虫達が姿をあらわし始め、本格的に春の陽気を感じられる季節になります。いつもよりも眠気を感じることが多くなります。“安神“を心がけ、横にならずとも目をつぶる機会を作り、肝気を養いましょう。

1週目「腰痛のツボ(養肝)」環跳 ねじりのポーズ
坐骨神経痛やぎっくり腰の予防のつぼ押しとアーサナのレッスンです。ストレスからくる腰痛には、腰を通る胆経の気の巡りを調えていきましょう。

2週目「関節炎(寒湿)」委中 牛面のポーズ
啓蟄に入りますが、まだ寒さが残る季節です。寒さや湿気で水分代謝が悪くなると、膝や股関節、腰などの関節に痛みがでやすくなります。

3週目「喉のトラブル(潤肺)」天突 戦士のポーズ2
外気の寒暖差で気が上気すると、肺に熱が入り乾燥して、喉の痛みや声がれなどの炎症となります

4週目「バランス(陰陽平和)」気海 へそ呼吸
昼と夜、寒さと暑さなど、自然界のバランスがちょうど等しくなる春分に入ります。体や心のバランスはちょうど良い状態にあるでしょうか?

5週目「眼精疲労(傷肝)」瞳子髎 ねじりの三角のポーズ
肝は血液の倉庫のようなもので、その肝が傷つくと、手や足の末端に十分な血液を送れないどころか、かすみ目、涙目、近視などの目のトラブルが出やすくなります。

 


2024年2月「初春の養生法」

節分を過ぎたら立春、一年の始まりです!春は『発陳』の季節。冬にたまっていたものを体の外に出していくという意味です。肝の機能が弱まりイライラしやすくなります。そんな時は木や花を見ながらのんびりお散歩するのが養生法です、

1週目「胃腸を調える」 血海 戦士のポーズ2
季節の変わり目には消化器系が弱まります。雨が降ったら水分の取り方や食べ物を改めてみましょう。脾のツボを使って胃腸を調えます。

2週目 「花粉症」 睛明 魚のポーズ
春のお悩みと言えば“花粉症“目が痒くなったり、鼻水がとまらなかったりと辛い季節ですね。顔にあるいくつかのツボを刺激し、お気に入りのツボを見つけていきましょう。

3週目 「目の疲れ・肩こり」 肩井 針の穴に糸を通すポーズ
暖かい空気が上に上がるように、体内の気も体の上部に上がりやすくなります。目の疲れや肩こりを感じたら、上半身の気の流れを調えましよう。

4週目 「梅核気」 章門 三角のポーズ
“春の気“が滞ると、イライラしたりソワソワしたりと精神や感情のトラブルに繋がります。喉や胸がつかえたらストレスがたまった合図、すーっと流していきましょう。

5週目 「腰痛のツボ」 環跳 ねじりのポーズ
坐骨神経痛やぎっくり腰の予防のツボ押しとアーサナのレッスンです。ストレスからくる腰痛には、腰を通る胆経の気の巡りを調えていきましょう。

 


2024年1月「晩冬の養生法」

気虚体質の方はタートルネックの洋服が苦手な方が多いとか!?元の気(エネルギー)が足りないから、締め付けられるのが嫌なんだそうです。ついつい食べ過ぎちゃう方も気が足りていませんよ。気になる方は日中は日光浴、夜はたっぷり睡眠をとりましょう。

1週目『足のむくみ』三陰交 V字バランス
冬の代表的な不調、“冷えとむくみ“は切り離せません。体の津液(水)の流れが悪くなると冷えてむくんできます。V字バランスで足もスッキリ。年をまたいでのレッスンです!!

2週目『冬のダイエット』 胃兪 猫が伸びをするポーズ
寒さが厳しい“小寒“という暦に入りました。今こそエネルギーを漏らさないよう冬のダイエットを楽しみましょう。大腸や胃の経絡を使って行います。

3週目『全身運動』命門 バッタのポーズ
腕や足に効くバッタのポーズは、背骨のS字カーブを作るのにもオススメのポーズです。うつぶせのアーサナ3つを使って、全身に効かせましょう。

4週目『足がつる』承山 ダウンドック
暦は“大寒“に入り、よりいっそう寒さが増しますが、実は春の陽気も立ち始めるがこの頃の特徴です。春の養生法『足がつる』を一足早くレッスン。

5週目『胃腸を調える』血海 戦士のポーズ2
季節の変わり目には消化器系が弱まります。雨が降ったら、水分の取り方や食べ物を改めてみましょう。脾のツボを使って胃腸を調えます。

気血めぐりヨガの心菜先生のバナー1
最新情報をチェックしよう!