ヨガインストラクター資格取得?費用?養成講座?

目次

ヨガは指導者養成講座を修了せず教えてもOKです。

ヨガインストラクター養成講座で取得するヨガ資格は国家資格ではありません。したがって、ヨガ資格がなくてもヨガを教えることには法的な罰則はありません。

全米ヨガアライアンスの養成講座を含むすべてのヨガ資格は民間資格です。つまり、ヨガの資格を取得せずにヨガを指導しても罰せられることはありません。

ただし、十分な知識や指導経験がない状態でヨガを教えることは難しいです。ヨガスタジオやスクールでの採用や、自身でのスクール運営も難しくなります。また、十分な知識がないままレッスンを行うと、怪我のリスクが高まります。

ヨガスタジオが最も恐れるのは「怪我」です。そのため、ヨガインストラクターには、クラスを安全に運営するスキルが必要です。ヨガ指導者資格は、その学びやスキルを評価する上で重要な要素となります。

 

 

ヨガインストラクター養成講座を選ぶ際に後悔しないためには、以下のポイントを検討することが重要です。

目指したい先生を見つけ、その先生を知ること

まず、ヨガにはさまざまな種類があります。流派やクラスの方向性、道具の使用、他の要素との融合などがあります。自分がどんな講師や指導者になりたいのかを考えることが重要です。

自分に近い先生を見つけ、そのスタンスや経歴を知ることも大切です。そうすることで、自分が学ぶべきことが明確になります。

養成講座を受講する方は、大きく分けて2種類

ヨガインストラクター養成講座を受講する人は、大きく分けて「ヨガインストラクターになりたい人」と「ヨガを深めたい人」に分かれます。さらに、「フィジカルな面を中心に教えたい人」と「ヨガ哲学や瞑想なども含めた本来のヨガを教える指導者になりたい人」がいます。

フィジカルな面を重視する場合は、ヨガ以外のストレッチやピラティスも検討することが重要です。周囲の先生や専門家に相談し、よく考えた上でヨガインストラクターを目指しましょう。

 

 

ヨガ資格のスタンダード「全米ヨガアライアンス認定インストラクター養成講座200時間」がおすすめ

通いやすいいエリアで、RYT200を取得するのがオススメ

ヨガを本格的に学びたいと考えたら、周囲の先生に相談し、自分自身に問いかけてみることが重要です。その際に、一番おすすめしたいのが『全米ヨガアライアンス認定インストラクター養成講座200時間(RYT200)』です。

全米ヨガアライアンスは、アメリカを拠点とする世界的にも有名なヨガアライアンス協会であり、その資格はスクールに認定されたものです。

最近では、より多くのスタジオがRYT200を受講できるようになってきました。自宅や職場から通いやすいスタジオを見つけやすくなっていると思われます。インスタイルは10年以上前からRYT200の認定校として知られており、その歴史も検討材料の一つとして考慮すると後悔が少ない選択ができるでしょう。

 

RYT200以外にも様々な認定講座がある

また、インドのヴィヴェーカナンダヨーガ研究財団と日本のヨーガ・ニケタンが共同で開催する「ヨーガ教師養成講座」もあります。この講座は約1年(月1回・全10回)のコースで、授業はインドのカルナタカ州バンガロール市に本部があるスワミ・ヴィヴェーカナンダ・ヨーガ研究所/ヨーガ大学院大学のカリキュラムに準じて行われます。修了すると、ヨーガ教師養成講座修了証(ディプロマ)が授与されます。受講費は約10万円です。

受講期間については、短期や長期、フレックス制などの選択肢があります。自分のライフスタイルや学びたい内容に合わせて選ぶことができます。

 

ゆっくりじっくり取得する長期型がオススメ

ヨガインストラクターの資格であるRYT(Registered Yoga Teacher)を取得するには、主に3つのタイプがあります。

  1. 短期型:1ヶ月ほどで取得できるタイプです。1日に6〜8時間の講義を行い、集中して学ぶことができます。ただし、情報を詰め込む形式のため、学んだスキルを実践に活かすには、継続的な学びや経験が必要です。

  2. 長期型:半年から1年程度かけて取得するタイプです。じっくりと学ぶことができ、講義と講義の間に予習や復習の時間が取れるため、理解を深めることができます。また、養成講座での学びを通じて、同期との結びつきを築くことができ、ヨガコミュニティーとのつながりを深めることができます。

  3. オンライン型:自宅で学ぶことができるオンラインコースもありますが、オンラインだと直接的な指導や質疑応答が難しいため、あまりおすすめできません。特にヨガのような身体を動かす技術を学ぶ場合は、対面での指導が重要です。

インスタイルでは、過去に短期講座を実施していましたが、知識の習得はできても実践力については課題が残ることがあるとの経験から、現在は長期型の養成講座に注力しています。この長期型の養成講座では、確実に学びを身につけることができ、同期との絆も深められるため、ヨガインストラクターとしての活動を成功させるための基盤が整います

 

オススメの全米ヨガアライアンス認定のRYT200講座

RYT、RYSとは?

RYTとはRegistered Yoga Teacher の略で、認定ヨガインストラクター、認定ヨガティーチャーです。RYS200、RYS300、RYS500はそれぞれインストラクターが有する資格のことです。

RYSとはRegistered Yoga School の略で、RYS200、RYS300、RYS500はそれぞれ養成する資格を持つヨガスクールのことです。

 

費用に対する内容はしっかりチェック

RYT200(全米ヨガアライアンス認定ヨガインストラクター養成講座200時間)の相場は、約40万円から60万円程度が一般的です。一方、オンライン講座では、約30万円前後が中心価格帯となっています。

なかには海外で資格が取れる上に宿泊費込みでそのような価格のものもあったり、テキストや修了証の発行には別途費用が必要だったりと要注意のものがありますので、下記のようなポイントをチェックしてください。

 

  • 安すぎる場合、反社を疑う必要もあります。

安価な講座には注意が必要です。安すぎる場合、テキストや修了証の発行、受講日の振替に別途費用が必要など、追加費用がかかる場合があります。また、デビュー後のアフターフォローが弱い場合もありますので、十分な確認が必要です。

他には講座の大半がオンラインであったり、アーカイブ視聴だったりするケースも多いようです。

さらに、RYT200の取得条件を満たしているかも確認が必要です。一部の講座は、名称こそ全米ヨガアライアンス認定インストラクター養成講座としていますが、実際にはRYT200の基準を満たしていない場合があります。(講義内容が協会が認定したものか、講師がE-RYT500のレベルまで達していない……等々)

RYTの講座は高額のため、反社が入り込み始めているという情報もあります。安い講座は充分に気をつける必要があります。

 

  • 有名講師の講座なのに安い

有名講師の講座でも安価な場合、実際に講義を担当するのはお弟子さんである場合があります。そのため、講師陣や講義内容を事前に確認することが重要です。

少なくとも、現在のRYT200の規定では100時間以上、E-RYT500を持ったリードティチャーの講座を受講しないといけないとなっていますので、確認が必要です。

今も多くの講座で、E-RYT500を持たない講師がリードティチャーを務めているケースが多く見受けられますのでご注意ください。

 

 

  • 海外リトリートで資格取得

海外で開催されるリトリート形式の講座もありますが、この場合は宿泊費や現地までの交通費が含まれているか、アフターフォローや問い合わせ先が適切に設定されているかなど、細かな点も確認が必要です。

実際には海外のビーチを目の前にしてテンションがあがることを利用して、ほとんど記念撮影と海外旅行目的のような養成講座が多数あるとの報告もあります。


  • リードティチャーがヨガを教えない経営者だった

リードティチャー(メインの先生)がヨガを教えない経営者である場合もあります。RYT200修了生を講師として使用するスタジオも存在しますが、これは全米ヨガアライアンスの基準に反する行為です。受講前には、リードティチャーの資格や経験を確認することが重要です。

 

 

RYT200以外のおすすめヨガインストラクター講座

RYT200を学ぶ中で、次の学びを探す人は多いです。例えばRYT200を学ぶ中で出会ったヨガの要素の「呼吸法」「ヨガ哲学」「解剖学」「瞑想」「アーユルヴェーダ」などに興味を持ち、それらをさらに深める人や、有名講師が独自で考案した流派の養成講座、受講する人を限定する「マタニティヨガ」「産後ヨガ」「キッズヨガ」「シニアヨガ」など様々です。

インスタイルの場合、「マタニティヨガ」「産後ヨガ」「キッズヨガ」「シニアヨガ」「陰ヨガ」「エアヨガ」「リストラティブヨガ」「エアリアルピラティス」「チェアヨガ」などの集中講座をご用意しています。

他には、通信教育講座を行なっている機関もあります。そのほとんどは、学校に通う場合よりもだいぶ費用が安くなっており、10万円以下で学べるものも見られます。ヨガインストラクターの勉強にいきなり何十万円も出すのは難しいという場合、通信講座を利用することも選択肢のひとつとなります。

ただし、通学制の講座よりもカリキュラムが薄かったり、RYT200の資格取得がつながらなかったりするものもあるため注意が必要です。

オススメの養成講座一覧を見る

 

 

インスタイルで募集中の全米ヨガアライアンス認定インストラクター養成講座200時間

RYT200全米ヨガアライアンス認定インストラクター養成講座 講座一覧用

詳しくは→こちら

 

いずれは、ヨガ資格の最高峰のRYT500も視野に入れることで、養成講座の講師も目指せる

全米ヨガアライアンス認定講座RYT500告知画像

詳しくは→こちら

 

 

ヨガインストラクター養成講座問合せ
最新情報をチェックしよう!